ナンクルナイサー

アクセスカウンタ

zoom RSS 石油の利権と軍需産業

<<   作成日時 : 2007/07/31 11:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

[華氏911]をご覧になった皆様はブッシュ初め、閣僚たちの石油、軍需産業
との深い関わり、役員や、CEOであったり、特にパパブッシュはサウジアラビアと太いパイプをもっている。オサマ・ビン・ラビンの家族とも交友がある。9.11の後3日間でオサマの親族の出国を認めた。アメリカ人は飛行機による移動をなんびとたりとも認めなかった。その中で、ラビン親族だけは、帰国させた。アフガニスタンには、もう得るものが無く、次のターゲットはイラクであった。石油である。イラクが何をしたというのだ?アメリカを攻撃した?答えはNOである。嘘の大量破壊兵器があるというでっち上げの理由をつけて、攻撃したのである。民間人であろうが、動いているものを銃撃した。軍需産業に取り、甘い話であり、石油産業にとってもこの上も無い、旨い話。日本は、憲法がアメリカにより押付けられたと言い憲法9条を変えようとしている。と言いながら、日本政府はアメリカの言いなりである。2枚舌である。平和国家というなら、憲法9条を世界各国に輸出すれば、この世から戦争、紛争は無くなる、世界でも稀な優れた憲法である。みなさんも良く考えて行動をしてもらいたいものである。

参議院選で民主党が勝利舌が、所詮自民党の2軍でしかない。憲法を変えようとしているし
防衛庁が防衛省に格上げ法案にも賛成した。自由民主党から「自由」を取ったら、民主党になるよね。こっちの方が怖いかも。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
自由民主党と民主党との違いは「自由があるかないか」だという笑えない話だよね。要するにこの両党は双子みたいに似たもの同士。実質的に野党がいない国会っていうのは怖いよ。ブレーキの壊れた暴走車にならないといいけど。。。憲法9条を書き換えて戦争への道を突き進むのはやめてくれ!!!
キジムナー
2007/08/01 23:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
石油の利権と軍需産業 ナンクルナイサー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる